ホーム > サービス紹介

サービス紹介サービス紹介

はじめの一歩を大きな一歩に
個性がかがやく『働く』をサポート

Brighit(ブライト)はあなたの個性が活かせる職場への就職活動をサポートします。

一人ひとりに合ったカリキュラム

ブライトでは就職後に継続して長く働き続けられることが大切と考えています。
自分に合った職場に就職できるよう、その人の目標や個性に合わせて取り組めるカリキュラムをご用意しています。

学べる・体験できる講座の例

ブライトが独自開発したプログラムの一部をご紹介します。
他にも体験実習や、履歴書の書き方・面接対策等の多彩なカリキュラムをご用意しております。

  • 模擬ワーク
    模擬ワーク

    職種・業種別に、実際の職場を想定したトレーニングを行います。トレーニングを通して、ご自身に合った働き方や職種、就職先をご検討いただけます。

  • PCトレーニング
    PCトレーニング

    Microsoft Officeやメールを使った、職場で役立つ実践的なPCスキルの習得を目指します。 基礎編~応用編まで、その人のレベルに合わせたプログラムをご用意しています。

  • ビジネスマナー
    ビジネスマナー

    実際のビジネスシーンを想定したトレーニングを通して、ビジネスコミュニケーションの基本となるマナーを身に付けることを目指します。

  • 特別講座
    特別講座

    各分野の専門家を招き、仕事や社会についてのお話や人生の糧になるような貴重なお話を聴きます。 ご希望の職種や業界を明確にするきっかけにもなります。

  • ソーシャルスキルトレーニング
    ソーシャルスキルトレーニング

    職場でのコミュニケーションを円滑に行うため、他者との関わり方をグループワークやゲーム等を通じて楽しみながら学びます。

  • キャリアデザイン
    キャリアデザイン

    経験やスキル、性格、ライフスタイル、ありたい将来像などを整理して、自分のキャリアプランを設計します。自分の中で軸を持ちながら、就職活動を進めていくのに役立ちます。

プログラム受講例 発達障害のAさんの場合

専門サポートスタッフ紹介

土屋 幸己

役職:支援アドバイザー

1981年淑徳大学社会福祉学科卒業後、知的障害児・者支援施設、特別養護老人ホーム、療育等支援事業コーディネーター、富士宮市社会福祉協議会事務局次長等を経て、2006年に静岡県富士宮市福祉総合相談課長(兼)地域包括支援センター長に就任。
 富士宮市では、全国に先駆け福祉総合相談支援体制を構築し、ジャンルを問わないワンストップの相談支援体制と地域包括ケアシステムの構築を行い、全国のモデル地域となった。
 その後、2015年 公益財団法人さわやか福祉財団に入団。さわやか福祉財団は堀田力氏が会長を務め、全国的に支え合い社会実現のために活動している団体である。財団においては戦略アドバイザーとして介護保険制度で新設された、生活支援体制整備事業の推進と支え合い、助け合いのある温かい地域づくりを推進するため、市町村の支援を行った。
 2015年には、一般社団法人コミュニティーネットハピネスを立ち上げ代表理事に就任し、ソーシャルワークの基本であるアセスメント研修をはじめとする各種研修等も実施している。
 その後、2019年4月から現職に就く。

(資格及び公的委員会委員歴)
1997年 社会福祉士資格取得
2000年 日本社会福祉士会 第1期 成年後見人養成研修終了
2016年 認定社会福祉士登録
一般社団法人) 成年後見支援センター「ぱあとなあ静岡」委員
公益社団法人)日本社会福祉士会 地域包括ケア推進委員会委員(~2017)
公益社団法人)日本社会福祉士会 生活困窮者支援委員会委員(2017~)
国際城西大学 兼任講師(2013~)
厚生労働省 地域包括ケア推進指導者養成研修企画委員(2010~2011)
厚生労働省 安心生活創造事業推進委員会委員(2011~2012)
厚生労働省 「生活困窮自立促進プロセス構築モデル事業」統括委員会委員(2013)
厚生労働省 「相談支援の質の向上に向けた検討会」構成員(2014)
厚生労働省 地域における住民主体の課題解決力強化・相談支援体制の在り方に関する 検討
(地域力強化検討会)(2016)


     

新保文彦

役職:発達障がいサポート・アドバイザー

現在の仕事は、2013年度から長野県の発達障害施策の一つとしてスタートした「発達障がいサポート・マネージャー」として、松本圏域で発達障がいに関する案件へ支援者支援の活動と新たな発達障がいに関する支援システムの構築を目指し日々チャレンジしております。
 家に帰ると、自閉症で知的障がいの子どもを持つ父親として長野県自閉症協会 代表として親の会活動を、啓発活動として元日本発達障害ネットワークJDDnetの副代表(理事)、JDDネットワークながの 代表、NPO法人未来の風 理事として、子どもから大人なまで発達障がいに関する啓発活動を行っております。
 また、産業カウンセラーとしてサラリーマン時代の経験を生かし学校や企業等の様々な現場へカウンセリング等の支援も行っております。
 まとめると障がいをもった子供(自閉症者)の父親、発達障害関係の支援者(サポ・マネ)、産業カウンセラーと、三つの立場をもった“おやじ”です。

厚労省:成年後見制度利用促進専門家会議 委員
長野県:長野県松本圏域発達障がいサポート・マネージャー
    長野県発達障がい支援対策協議会 運営委員長、啓発部会長
    長野県自立支援協議会就労部会 委員      
    長野労働局  発達障害者専門指導官
    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構  障害者雇用管理サポーター
松本市:松本市特別支援教育推進協議会 委員
親の会他:一般社団法人 日本自閉症協会 顧問
     長野県自閉症協会 代表
     日本発達障害ネットワーク JDDnet政策委員
     JDDnetながの 代表、理事
     NPO法人未来の風 理事


   

八木 雅子

役職:ブライトまつもと駅前センター センター長

皆さん、こんにちは。私は、ブライトまつもと駅前センターの八木雅子です。日本航空の客室乗務員として、世界中のお客様をお迎えし、安全で快適な客室づくりに励んでいました。
 その後、松本大学の教員となり、ホスピタリティ、マナー、接遇、食文化、を専門として学生が将来実生活で役立つ講義を担当しました。また、就職委員として学生の就職支援を行っていました。
 このような経験を経て、現在に至っています。ブライトまつもと駅前センターでは利用者のお一人お一人の個性を大切に、「得意」を生かし「苦手」を克服していけるよう多様なプログラムを用意しています。
 皆様の人生が「これでいい」ではなく、「これがいい」という人生になりますようにご一緒に前進してまいりましょう。」


轡田 正郷

役職:営業企画マネージャー

元株式会社リコー 理事
 在職中は、商品企画、商品開発、コーポレートコミュニケーション(ブランド管理、広報、宣伝、IR)を担当。
 現在、株式会社アストコで、管理業務を担当するだけでなく、講師として、利用者に仕事の意味、自分自身の価値を磨くこと、会社での業務の進め方などの講義を行っている。

就職までの流れ

  • STEP1

    お問い合わせ・資料請求

    個別にヒアリングを行い、就職に向けた一人ひとりの個性に合った計画を作成します。

  • STEP2

    利用してみよう!

    働くためには、まず生活リズムの安定が必要です。ブライトに通いリズムを整えながら、さまざまなプログラムを選択します。レベル別のプログラムをご用意していますので、あなたのペースに合わせてステップアップしていきましょう。

  • STEP3

    体験実習をしよう!

    企業での体験実習を通して、会社の中で働くイメージづくりができます。自分に合った会社や職種を見つける絶好の機会です。

  • STEP4

    就職準備をしよう!

    自分に合った企業への就職するために、履歴書の作成、面接マナーの確認、企業研究など、就職に向けて準備開始!

  • STEP5

    就職活動をしてみよう!

    興味のある求人に応募します。応募する企業に合わせて、履歴書作成や模擬面接等の専門的なサポートを採用試験直前まで受けることができます。

  • STEP6

    就職後の
    サポートを受けよう!

    就職が決まった後も、安定して長く働き続けられるように定期訪問や企業との調整等もブライトがサポートをします。

bnr1

left_arrow資料請求・お問い合わせleft_arrow

ご相談、お問い合わせはこちらより承ります。お気軽にご連絡ください。

受付時間/ 10:00~18:00 日祝除く

0120-800-593
LINE友達追加.pngLINEでのお問い合わせもお待ちしています!
  • image1
  • image2
  • image3
  • image4