ホーム > コラム > 「怒り」と「アンガーマネジメント」part2

「怒り」と「アンガーマネジメント」part2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回(part1)は、怒りと怒りが生起するシステムについて、お伝えしてまいりました。  今回は、その怒りに対処する具体的な方法(マネジメント並びにテクニック)についてお知らせいたします。 。

怒りに対処するテクニック

◆6秒をやり過ごす
 怒って後悔しないために、まずは6秒、やりすごすというテクニックがあります。怒りのピークは長くて6秒と言われています。この6秒の間は短絡的な言動をしがちなので、後で冷静になった時に後悔しやすいのです。心の中でゆっくり6秒を数えたり、深呼吸をしてみたり、物理的に原因となる人や物から離れてみると、冷静に自分の感情を確認できるようになります。

◆I(アイ)メッセージで伝える
 大事なのは自分のボーダーラインを知っておくことです。価値観は人それぞれですので、許せる範囲も異なってきます。まずは自分の許せる範囲(怒る必要がない)と許せない範囲(怒る必要がある)を知り、怒る場合は後悔しないよう適切に怒る必要があります。適切な怒り方とは衝動的にならず、冷静に伝えることです。ただ相手を責めるのではなく、自分はどういう気持ちだったのか、どうして欲しかったのかを、「私」を主語にした“Iメッセージ”を使って伝えると、相手も嫌な気分にならずに聞いてくれるはずです。

◆アンガーログをつける  
なかなか怒りをコントロールできない人は、アンガーログといわれる怒りの記録をつけてみましょう。日時や場所、きっかけとなった出来事やその時の自分の気持ち、相手にして欲しかったことなどを書き出してみると、客観的に自分を見つめなおすことができます。また、自分の怒りがどの程度だったか、10段階で評価するスケールテクニックを使うのも効果的です。数値化・データ化することは心を落ち着ける効果があり、必要以上にイライラすることがなくなるはずです。

アンガーログ記入例
koramu2.png

●まとめ
 怒りを感じると血圧が上がったり、アドレナリンや胃酸が分泌されることによる肉体へのダメージも懸念されます。しかし、怒ることでスッキリしたり、モチベーションに繋がることもあるので、一概に怒ることが悪いとは言い切れません。アンガーマネジメントは怒りをなくすのではなく、怒りと付き合っていくためのトレーニングです。 怒りの感情に振り回されず理解することで、人間関係も良好になっていきます。仕事でイライラすることがなくなれば、職場の環境も良くなり、効率や生産性も向上するかもしれません。
ぜひアンガーマネジメントを取り入れ、怒りと上手に付き合っていきましょう。
 ブライトむさし小杉では、就労場面で想定されうる「怒り」に対しての適切なマネジメントPGMも行っております。

bnr1

left_arrow資料請求・お問い合わせleft_arrow

ご相談、お問い合わせはこちらより承ります。お気軽にご連絡ください。

受付時間/ 10:00~18:00 日祝除く
※時間外、休日、祝日等で、返信が遅れる場合がございます。ご了承ください。

0120-800-593
das

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加